カメラのキタムラは全国で
スマホ買取・販売いたします

スマホ買取・販売はキタムラへ!

     買取はこちら      購入はこちら      

iPhoneのバッテリー寿命について、劣化の原因と長持ちさせるポイント

iPhoneのバッテリー寿命について、劣化の原因と長持ちさせるポイント

iPhoneのバッテリー寿命について劣化の原因と長持ちさせるポイントについて紹介

iPhoneのバッテリーには寿命があります。充電方法や使い方によっては、バッテリーに負荷をかけてしまい、寿命を縮めてしまうおそれがあるため、注意が必要です。本記事では、iPhoneのバッテリー寿命を劣化させる原因と、長持ちさせるポイントについて解説します。

iPhoneのバッテリー寿命について

iPhoneのバッテリーには寿命があります。「電池の減りが早い」「iPhoneの挙動がおかしい」といった症状があれば、寿命が近づいているのかもしれません。また原因としては以下のようなことが考えられます。

1、充電回数について

iPhoneのバッテリーは、充電回数が増えるほど劣化していきます。一般的に、バッテリーの充電回数は500回程度で劣化が進むとされています。

2、温度について

iPhoneのバッテリーは、高温や低温などの極端な温度環境下で使用すると、劣化が進むことがあります。推奨されている使用環境は0〜35℃です。

3、使用時間について

長時間使用し続けることで、バッテリーが劣化することがあります。

4、充電の仕方について

適切な充電方法を取ることでバッテリーの劣化を抑えることができます。例えば、過剰な充電や放電をしないようにする、正しい充電器を使うなどが挙げられます。

iPhoneのバッテリーを長持ちさせる方法について

iPhoneのバッテリーを長持ちさせるためには、以下のポイントが重要です。

1、適切な充電方法を取る

過剰な充電や放電をしないようにする、正しい充電器を使うなどの方法で、バッテリーの劣化を抑えることができます。

2、適切な温度環境下で使用する

高温や低温などの極端な温度環境下で使用しないようにすることで、バッテリーの劣化を抑えることができます。

3、充電回数を減らす

充電回数を減らすために、バッテリーの残量が少なくなったら充電する、長時間使用しない場合はバッテリーを切る、不必要なバックグラウンドアプリを閉じるなどが挙げられます。

4、オプションの機能を制限する

オプションの機能である「Siri」などの音声アシスタントを使用しない、自動的にバックアップを取らないなどの方法で、バッテリーの消耗を抑えることができます。

5、バッテリー交換をする

長期間使用しているiPhoneでは、バッテリーの寿命が尽きてしまうことがあります。この場合は、バッテリーの交換をおすすめします。
参考記事:iPhoneのバッテリー交換の値段は?新品、中古、バッテリー交換は何がお得?

まとめ

バッテリーの寿命は1年半から2年と目安がありますが、充電方法や使い方を見直すだけでバッテリーの劣化を防げます。iPhoneを長く使い続けたい方は、この記事で紹介した方法を実践してみてください。

「すでにバッテリーが劣化している」「どの方法を試しても改善しなさそうだ」といった方は、バッテリーの交換もしくは、中古スマホの購入を検討しましょう。カメラのキタムラでは、状態のいいiPhoneを取り揃えております。ぜひご検討ください。
カメラのキタムラ
中古スマホ専門店

関連記事

無期限保証の中古パソコン「R∞PC」とは? 無期限保証の中古パソコン「R∞PC」とは?
買取ランキング 買取ランキング
売れ筋ランキング 売れ筋ランキング
中古iPhoneの選び方!おすすめ4機種をご紹介 中古iPhoneの選び方!おすすめ4機種をご紹介
iPhoneのバッテリー最大容量とは?確認方法や交換時期の目安についても紹介 iPhoneのバッテリー最大容量とは?確認方法や交換時期の目安についても紹介
他の記事をみる