カメラのキタムラ全国400店舗で
スマホ買取いたします

スマホ買取、全国400店舗!

     スマホの
買取サイト
     スマホの
販売サイト
     

iPhoneを売る前に必要な準備とは?初期化方法や高く売るコツを解説!

iPhoneを売る前の準備

買い替え等で不要になってしまったiPhoneを売る前には、いくつかの操作や準備をする必要があります。特に初期化やバックアップをしていないと、個人情報の流出や新機種への引き継ぎ失敗につながるかもしれません。

そうならないためにも、ここでは安心してiPhoneを売るために必要な準備を詳しくご紹介します。中には買い取り価格を左右するものもありますので、iPhoneの売却を考えている方はぜひ参考にしてください。

iPhoneを売る前に知っておきたい準備の流れ

iPhoneを売る前には初期化して端末から情報を削除したり、引き継ぎのためにバックアップを取ったりするなどいくつかの準備を行う必要があります。

  • iPhone内のデータのバックアップを取る
  • ペアリングしている機器やアプリを解除する
  • iPhone本体の初期化
  • ネットワーク利用制限をチェックする
  • SIMカードを抜く
  • 付属品とともに梱包する

以下で各方法について詳しく解説していきます。

iPhone内のデータのバックアップを取る

まずはiPhoneのバックアップの取り方をご紹介します。売る前にバックアップによってクラウドやPCに情報を残しておけば、新しい機種に簡単に情報を引き継ぐことができます。

なお、iCloudは機種本体だけで利用できますが、FinderとiTunesでのバックアップにはパソコンおよびパソコンとiPhoneを繋ぐケーブルが必要になります。

iCloudにバックアップする方法

iCloudはクラウド上に情報を保存する機能であり、インターネット上でiPhoneのバックアップを取ることができます。手順は以下のようになります。

  • 設定アプリからログインしている「アカウント名」をタップ
  • 「iCloud」をタップし「iCloudバックアップ」を選択する
  • iCloudバックアップをオンにし「今すぐバックアップを作成」で完了

iCloudでのバックアップには多くのデータ通信が必要となるため、Wi-fi環境下で行うのが良いでしょう。

Finderにバックアップする方法

FinderはMacに標準実装されているアプリです。バックアップ方法は以下のようになります。

  • iPhoneをMacに接続し、Finderを開く
  • サイドバーから「iPhone」をクリックし「一般」を選択する
  • 「iPhone内のすべてのデータをこのMacにバックアップ」を選択する
  • 「今すぐバックアップ」をクリックで完了

セキュリティが気になる場合は、パスワードを使ったバックアップの暗号化も可能です。

iTunesにバックアップする方法

iTunesはwindowsでも使用できるアプリケーションです。バックアップ方法は以下のようになります。

  • iPhoneをパソコンに接続し、iTunesを起動する
  • 左上のiPhoneマークをクリックし、「概要」を選択する
  • 「今すぐバックアップを作成」で完了

なお、Macの最新OSではiTunesを使うことができません。その場合iPhoneのバックアップにはFinderかiCloudを使いましょう。

ペアリングしている機器やアプリを解除する

iPodsやApple WatchなどのApple製品をiPhoneと繋げている場合は、iPhoneを売る前にペアリングを解除しなければなりません。また、「iMessage」や「iPhoneを探す」「おサイフケータイ」といった機能についても、同様に売る前の処理が必要です。

ペアリング解除を忘れるとどうなる?

ペアリング解除を忘れてiPhoneを売却してしまうと、新しい機種とのペアリングに支障が出てしまう場合があります。例えば、Apple Watchは古いiPhoneとのペアリングを解除しておかないと新しい機種とのペアリングができません。

また、おサイフケータイを使用している場合は、iPhoneの初期化やアプリの削除だけではクレジットカード情報がiPhoneに残ってしまうため注意が必要です。

ペアリング解除の方法

Apple Watchのペアリングを解除する方法は以下の手順になります。

  • ペアリングしているiPhoneで「Apple Watch」アプリを開く
  • 「マイウォッチ」から「すべてのWatch」を選択
  • ペアリングを解除したいApple Watchの横にあるiボタンを押す
  • 「Apple Watch とのペアリングを解除」をタップで完了

Bluetoothで接続しているAir Pods等のデバイスに関しては、「設定」アプリの「Bluetooth」からペアリングを解除してください。

iMessageをオフにする

iMessageはiPhone専用の機能であるため、iPhone以外のスマートフォンに買い替えする際にオフにする必要があります。オフにするのを忘れてしまうと、新しい機種でSMSが利用できなくなってしまうので注意しましょう。オフにする手順は以下のようになります。

  • 「設定」アプリを開き「メッセージ」をタップ
  • 「iMessage」のスライドをタップして、スライドが白色になれば完了

iPhoneを探す機能をオフにする

iPhoneを売る前に「(iPhoneを)探す」機能をオフにしていないと、次にその端末を使う人がこの機能を使えなくなってしまいます。買い取りにも影響が出てしまう可能性があるため、以下の手順でオフにしてから売却しましょう。

  • 「設定」アプリからログインしている「アカウント名」をタップする
  • 「探す」を選択し、「iPhoneを探す」をタップ。続いてスライドをタップして「iPhoneを探す」をオフにする。
  • パスワードを求められるのでApple IDパスワードを入力して完了

iPhone本体の初期化

iPhoneは売却前に初期化して端末内のデータを削除する必要があります。

ただし、初期化を行うとiPhoneが工場出荷時の状態に戻ってしまい、データがすべて消去されます。必ずiCloudやパソコンを使ってバックアップを取った後に、初期化を行うようにしましょう。

iCloudからログアウトする

iCloudはApple IDに紐づいており、ログアウトすると「探す」機能も自動的にオフになります。iPhoneを初期化する前に以下の方法でログアウトしておきましょう。

  • 「設定」アプリからログインしている「アカウント名」をタップする
  • 一番下のサインアウトをタップする
  • 「iPhoneを探す」がオフになっていない場合はApple IDパスワードを入力し、オフにするとサインアウト完了

iPhoneの初期化

iPhone本体の初期化は、必ずバックアップを取っていることを確認してから行ってください。手順は以下のようになります。

  • 「設定」アプリをタップして「一般」を選択
  • 下にスワイプして「転送またはiPhoneをリセット」をタップ
  • 「すべてのコンテンツと設定を消去」をタップし、パスコードを入力する
  • 「今すぐ消去」を選択すれば初期化完了

この方法以外に、パソコンを使って強制的にiPhoneを初期化する方法もあります。

ネットワーク利用制限をチェックする

iPhoneは端末の分割払いの滞納があったり、通信料金の未払いがあったりすると、ペナルティとして端末にネットワークの利用制限がかけられてしまう場合があります。ネットワーク利用制限の有無は買い取り価格に大きく影響してしまうので、iPhoneを売却する前に必ず確認しておきましょう。

ネットワーク利用制限の確認方法

ネットワーク利用制限の有無は、キャリアごとの確認用サイトで確認できます。IMEIという製造番号で管理されているので、以下の手順を試してみてください。

  • 「設定」アプリをタップし「一般」を選択
  • 「情報」をタップし、「物理的SIM」内の「IMEI番号」を確認
  • キャリアの確認用サイトでIMEI番号を入力する
  • 入力の結果「◯」であれば問題ありませんが、「△」や「×」の場合は買い取りに影響が出る場合があります。

端末の支払い状況も確認しておこう

iPhoneは端末代金の支払い途中であっても買い取ってもらえる場合があります。ただし、端末が手元を離れたからといって支払いをやめてしまうと、端末にインターネット利用制限がかけられてしまい、電話やメールが使えなくなる場合があります。

売却した相手との契約違反にもなりかねないため、端末の支払い状況をしっかりと確認し、支払いが滞ることのないようにすべきでしょう。

SIMカードを抜く

SIMカードが挿さったままiPhoneを売却した場合、着払いで返送されるなど余分な手間とお金がかかります。売却前には以下の手順でSIMカードを抜いておきましょう。なお、SIMピンはiPhone購入時に付属しています。

  • SIMピンの先端を端末側面のSIMトレイの穴に挿入する
  • SIMトレイが引き出されるので、SIMカードを取り除く
  • SIMトレイを戻して完了

付属品とともに梱包する

iPhoneには説明書やケーブル等が付属していますが、売却の際はなるべくすべての付属品を用意するようにしましょう。なお、店頭で売却する際はiPhoneの箱にパッケージングするだけで構いませんが、配送での買い取りを依頼する場合はダンボールなどの外箱が必要です。

その場合、内側に紙などのクッション材を隙間なく敷き詰めてiPhoneが動かないようにしておくと、配送中に傷つきにくく綺麗な状態で買い取ってもらえます。

iPhoneを高く売るための注意点

iPhoneの売却はもちろん正常に使用できることが大前提ですが、付属品の有無やiPhoneの状態によっても買い取り価格が変動します。中にはSIMロックの解除のように外見からはわからない点もありますので、より高い価格で売りたい方は売却前にチェックしてください。

可能な限り付属品をそろえる

店によっては付属品が揃っているかどうかでiPhoneの買い取り価格に影響が出ることがあります。前述の梱包の項目でもご紹介しましたが、iPhoneの売却の際には付属品を可能な限り揃えましょう。ケーブルやACアダプタ、イヤホン等だけではなく箱やマニュアルも付属品に含まれます。

クリーニングする

正常に使用できたとしても、iPhone本体に傷や汚れ、凹みがある場合は買い取り価格が下がる場合があります。傷や凹みは無理ですが汚れは落とせるので、売る前にメガネ拭きなどの柔らかい布で拭いてなるべく綺麗にしておきましょう。その際は、洗剤やエアダスターは使わないようにして下さい。

SIMロックを解除してSIMフリーにする

iPhoneは、キャリアの制限のないSIMフリーの端末の方がより高く買い取ってもらえる傾向にあります。そのため端末にSIMロックがかかっている場合は、多少の手間がかかりますが解除してから売却するのがオススメです。

端末のSIMロックは「設定」アプリの「一般」→「情報」の「SIMロック」で確認することができます。

解除方法は機種やキャリアによって多少変わりますが、基本的に契約しているキャリアの公式ページや店舗で手続きができます。ただし、iPhoneを一旦初期化して再度復元する必要があるため、iCloudやパソコンでバックアップを取ってから手続きするようにしましょう。

iPhoneの高額買い取りならカメラのキタムラへ!

カメラのキタムラでは、スマートフォンや腕時計の中古品買い取りを行っております。カメラ専門店ではありますが、中古カメラの長年の取り扱いで培った実績とノウハウを活かし、スマートフォンであってもお客さまにご満足いただける買い取りをお約束いたします。

中古iPhoneの販売も行っておりますので、iPhoneの売却や買い替えをご検討中の方はぜひカメラのキタムラをご利用くださいませ。

キタムラの買取店舗はこちら

まとめ

当記事ではiPhoneを売る前にしておくべき準備や操作、高く売るためのコツについてご紹介しました。iPhoneのようなスマートフォンは毎日使う精密機器であるため売る前にはしっかりとした準備をする必要があります。お手持ちのiPhoneを売却する際は、ぜひこの記事をお役立てください。

関連記事

リファービッシュって何? リファービッシュって何?
スマホロジセンター在庫ってなに? スマホロジセンター在庫ってなに?
中古スマホ買取数ランキング紹介画像 中古スマホ買取数ランキング紹介画像
iPhone売れ筋ランキング紹介 iPhone売れ筋ランキング紹介
中古スマホの商品状態について 中古スマホの商品状態について
他の記事をみる